FC2ブログ

社会福祉士の仕事

働く社会福祉士の小言

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/06/08(Mon)

人生を支える事について考えてみました。


季節外れのコスモスを発見!?
『人生』について。
人の人生を支える仕事は、『介護』と言うのか?説では『介助』と『看護』が合わさり『介護』と言う単語が完成したとも記載されている。介護の意味は、障害者の生活支援をすること。または高齢者・病人などを介抱し世話をすること。
世話をすること・・・
深く考える必要はあるのか、無いのか。
障害を持つこと、高齢になり自力では困難な行動があること、脳の病気により自由が奪われること、様々な事情を持った方の人生を支えることが、世話をすることになる。「お世話をさせて頂く」と丁寧に言っても私には疑問が生じる。もちろん価値観の違いがあるので否定するつもりはありません。
私は人の人生を支えていく仕事をしており、多くの高齢者や脳の病気により自力で行動したり、判断能力を奪われた人とも接しています。自宅で過ごし人と関わる時間よりも施設で人と関わる時間の方が長い人が殆どです。私がいつも気を付けているのが、『当たり前にならないこと』です。皆がそうではないと思いますが、私が訪れた様々な施設ではこの『当たり前』が存在している様に思います。当たり前とは。
『風景になる事の怖さ』を知る、と表現しています。人が生きている場所なのに「いつもこんな感じなんで」「また同じこと言ってる」等々、耳にすることがありますが、まさに風景になってしまっています。必死の緊急信号を風景になってしまっていることで見逃す危険性が存在します。人員が少ないから?業務が多いから?でしょうか。
まず当たり前を無くし、風景になってしまう環境を変えていかなくてはなりません。個々の人生と向き合っていく為には時間と気持ちが大切です。
今私は、施設を利用している利用者様やその家族との対話に重点を置いており、出来るだけ利用者様の情報を多く残しています。そこでは家族の欲しい情報が今私たちが残している情報では無いことが分かってきました。施設の経営は1割が利用者負担、残りの9割は行政の負担となります。行政のお金を使うことは勿論監査が厳しく存在します。監査で必要な書類を日々記録として残しています。しかし家族は決められた行事の記録や、体温、血圧、脈拍、食事量・・・等々、毎日私たちが当たり前の様に記録していた情報には関心が低く、今後の不安が多く存在しています。病状が進行し自宅での生活が困難になったらどうしよう、毎日同じことを言う繰り返しでノイローゼになりそう、等々。確かに不安になる気持ちは十分に理解出来ます。施設でのサービス内容が不透明で、余計に家族を不安にさせているのではないだろうか。そう言ったことから施設の職員として出来ることは、対話からの記録であり、認知症と一括りにされているが、症状の分類によって全く異なった対応方法があり、その知識を現場で生かすことだと思います。対話が困難な利用者様も多く存在していますが、人間であるからには日々の表情、呼吸の仕方、こちらの声は必ず届いています。変化を感じ取れることが人の人生を支えることになると思います。
私は、日々の対話から変化を感じ、それを記録することにより、その利用者様の人生の記録を大切に保管したいと思います。対話こそが私の考える介護であり、施設と言う場所で出会えた利用者様の人生を支える、またその利用者様の家族の人生を支えることになると思っています。
スポンサーサイト

プロフィール

Taka

Author:Taka
施設・病院で働く職員さん ようこそ!!

ありがとうございます!!

新しい小言

小言への感想

月別アーカイブ

カテゴリ

施設での仕事 (3)

小言検索

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。